2016年03月03日

天職

僕はたぶんずーーーっと
「天職」を探していた。

それで安易な就職をしたくなくって、
フリーターやって、主夫やって...

自己啓発系の本を読んで、ワークをやって、

好きなことを全部書き出して、
得意なことを全部書き出して、
人に感謝されたことを全部書き出して...

それでも結局、見つからなかった。
いや、見つかってはいたのかもしれない。

ただ、そこから目をそむけ、
その周辺をうろうろしていたのだろう。

それを直視し、
行動に移す勇気がなかった。

でももう大丈夫。

今、行動している。

じわじわ近づいてるよ。


   *    *    *    *


仕事とは何か?

これも最近、僕の中では結論が出ている。

認知科学者の苫米地英人博士による定義:
「仕事とは社会的な機能を果たすこと」

これだけ。

つまり世の中の役に立っているかどうか。
お金が儲かっているかどうかは関係ない。


   *    *    *    *


多くの人は「仕事」と「ファイナンス」を混同している。

ファイナンスとは賃金労働も含めたお金の調達や運用のこと。
必ずしも働く必要はなく、金利や株で不労所得を得てもいい。

一方、仕事とはあくまで、
自分の機能(自分固有の働き)を社会に提供する活動。

それさえ出来ていれば、ニートだろうが、主夫だろうが、
生活保護だろうが、年金生活だろうが構わない。

ボランティアや地域貢献を通して誰かの役に立っていれば、
その人は立派に社会参加している。

つまり「仕事」をしているのだ。


   *    *    *    *


さて、「天職」の前に、
僕は「仕事」をしているのか?

とりあえず主夫として、
社会の最小単位である家庭において
最低限の機能は果たしている。(と思うw)

では僕の歌は?

ブログは?

動画は?

誰かの役に立っているだろうか...


   *    *    *    *


僕がやりたいのは仕事なのか?
ファイナンスなのか?

う〜ん... 仕事かなあ...
仕事だよなあ... うん、仕事だ!

ただ、

妻にブーブー文句を言われないために、
肝心の仕事がスムーズにはかどるために

わずかばかりのファイナンス
「年収300万円」があれば非常にありがたい!(笑)


   *    *    *    *


どっかで聞いた「ビジネスの本質」:

本当に必要なものなら、人は喜んでお金を払う。
本当に価値があるなら、お金は自然と集まってくる。

だからとにかく「価値」を提供することだけに集中しろ。
お金は後からついてくる。

お金は1つのバロメーター。
自分のビジネスの成績表みたいなものだという。


   *    *    *    *


そしてこれをバシャール的に深めていくと、

本当に世の中に価値(豊かさ)を提供したのなら、
その豊かさは「宇宙の法則」によって必ず返ってくる。

お金とは限らないが、何らかの形で、
僕は豊かさを受け取る。

ということはもし、
僕が今、一定の豊かさを感じているのなら、

僕はその豊かさと同等の価値を
世の中に提供できているってことじゃないかな?


   *    *    *    *


だからたぶん、
これでいいんだよ。

今、まあまあ幸せ。
きっとお金も、そのうち入ってくるだろう。


心豊かに、幸せに「仕事」が出来ているなら、それが天職。

何かをやっていて、ひとりぼっちじゃないのなら、それが天職。

僕はもう、限りなく天職に近づいているのかもしれない。


お金が儲かっていなくても、心が豊かなら、それが天職。

そして心が豊かなら、お金には困らない。

お金は自然に降ってくるよ。☆彡



------------ ではまた〜♪ (^^)/ ------------

【参考文献】



posted by おおちゃん at 11:51| Comment(6) | 豊かさとは... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

いきなり結論?

皆さん、バシャール ってご存知でしょうか?

僕は半年ほど前、
たまたまネットで知ったのですが...

彼はエササニ星の宇宙人。
アメリカ人のチャネラー、ダリル・アンカさんを通して
30年くらい前から地球にメッセージを送り続けています。

(※ 興味がある人は自分で調べてね!)


で、そのバシャールが、
「富と豊かさ」についてこう定義しています。

豊かさとは...

 「やる必要のあるときに、
  やる必要のあることをする能力」


確かにお金は「豊かさ」の1形態。
お金があれば、やりたい時にやりたい事が
ある程度できますからね。

でもそれだけに過剰に執着すると、
別のルートから来る「豊かさ」に気づけなくなると。

富や豊かさはお金とは限らない。

誰かからもらうプレゼント。
たまたま囲まれた環境...

どういう形でやってくるかはわからない。

あらゆる形の豊かさに心を開いておいて
信じて受け止める。ありがたく受け入れる...

それが真の豊かさへの道だと。



ホリエモンも同じようなことを言ってました。

「困ったときに誰かが必ず助けてくれる自信があれば、
 お金なんていらない...」

人を信用してないから、お金が必要なんだと。

お金は1つのツール。
便利な道具にすぎない...

大切なのは「価値の創造」。
お金は(必要なら)後からついてくる...



そういう意味では僕も
年収300万という現金にこだわる必要はないのかも。
それで得られる自信や幸福感さえ得られれば。

実際には300万を稼がなくてもいい。
300万級の価値を社会に提供しているという自信がつけば。

実際には300万円分の買い物をしなくてもいい。
それ相応のモノや経験を何らかの形で得られれば。


それならできる...


seesaa_profile_icon



続きを読む
posted by おおちゃん at 17:17| Comment(6) | 豊かさとは... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。