2016年03月03日

天職

僕はたぶんずーーーっと
「天職」を探していた。

それで安易な就職をしたくなくって、
フリーターやって、主夫やって...

自己啓発系の本を読んで、ワークをやって、

好きなことを全部書き出して、
得意なことを全部書き出して、
人に感謝されたことを全部書き出して...

それでも結局、見つからなかった。
いや、見つかってはいたのかもしれない。

ただ、そこから目をそむけ、
その周辺をうろうろしていたのだろう。

それを直視し、
行動に移す勇気がなかった。

でももう大丈夫。

今、行動している。

じわじわ近づいてるよ。


   *    *    *    *


仕事とは何か?

これも最近、僕の中では結論が出ている。

認知科学者の苫米地英人博士による定義:
「仕事とは社会的な機能を果たすこと」

これだけ。

つまり世の中の役に立っているかどうか。
お金が儲かっているかどうかは関係ない。


   *    *    *    *


多くの人は「仕事」と「ファイナンス」を混同している。

ファイナンスとは賃金労働も含めたお金の調達や運用のこと。
必ずしも働く必要はなく、金利や株で不労所得を得てもいい。

一方、仕事とはあくまで、
自分の機能(自分固有の働き)を社会に提供する活動。

それさえ出来ていれば、ニートだろうが、主夫だろうが、
生活保護だろうが、年金生活だろうが構わない。

ボランティアや地域貢献を通して誰かの役に立っていれば、
その人は立派に社会参加している。

つまり「仕事」をしているのだ。


   *    *    *    *


さて、「天職」の前に、
僕は「仕事」をしているのか?

とりあえず主夫として、
社会の最小単位である家庭において
最低限の機能は果たしている。(と思うw)

では僕の歌は?

ブログは?

動画は?

誰かの役に立っているだろうか...


   *    *    *    *


僕がやりたいのは仕事なのか?
ファイナンスなのか?

う〜ん... 仕事かなあ...
仕事だよなあ... うん、仕事だ!

ただ、

妻にブーブー文句を言われないために、
肝心の仕事がスムーズにはかどるために

わずかばかりのファイナンス
「年収300万円」があれば非常にありがたい!(笑)


   *    *    *    *


どっかで聞いた「ビジネスの本質」:

本当に必要なものなら、人は喜んでお金を払う。
本当に価値があるなら、お金は自然と集まってくる。

だからとにかく「価値」を提供することだけに集中しろ。
お金は後からついてくる。

お金は1つのバロメーター。
自分のビジネスの成績表みたいなものだという。


   *    *    *    *


そしてこれをバシャール的に深めていくと、

本当に世の中に価値(豊かさ)を提供したのなら、
その豊かさは「宇宙の法則」によって必ず返ってくる。

お金とは限らないが、何らかの形で、
僕は豊かさを受け取る。

ということはもし、
僕が今、一定の豊かさを感じているのなら、

僕はその豊かさと同等の価値を
世の中に提供できているってことじゃないかな?


   *    *    *    *


だからたぶん、
これでいいんだよ。

今、まあまあ幸せ。
きっとお金も、そのうち入ってくるだろう。


心豊かに、幸せに「仕事」が出来ているなら、それが天職。

何かをやっていて、ひとりぼっちじゃないのなら、それが天職。

僕はもう、限りなく天職に近づいているのかもしれない。


お金が儲かっていなくても、心が豊かなら、それが天職。

そして心が豊かなら、お金には困らない。

お金は自然に降ってくるよ。☆彡



------------ ではまた〜♪ (^^)/ ------------

【参考文献】



posted by おおちゃん at 11:51| Comment(6) | 豊かさとは... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。